記事

「慢性的な疲れをとる」5つの方法、秘訣とは?



睡眠を7、8時間取っているのに翌朝、なかなか起きることができなかったり、朝から疲れていると感じることはないでしょうか?

慢性的な疲労は私たちの日々の活動に必要なエネルギーをつくる“ミトコンドリア”の減少が関係しています。

「ミトコンドリア」は加齢とともに急速に減少します。その数が減ると、「慢性的な疲労」の要因の一つになります。

ミトコンドリアの数が減ることによって、体がエネルギーを生み出せなくなってしまうためです。

日本医科大学大学院医学研究科の太田成男教授によると、ミトコンドリアを増やす5つの方法があるそうです。
(1)空腹を感じる
(2)寒さを感じる
(3)背筋を伸ばす
(4)汗ばむくらいの有酸素運動
(5)野菜をしっかりとる

野菜はどのような種類のものがいいのかというと、ホウレンソウが特に効果があるという。 ホウレンソウには“ALA(アラ)”というアミノ酸が多く含まれており、ミトコンドリアを増やすのに大きな役割を果たしています。

上記の5つを実践してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加