記事

医療費全額負担?自由診療とは?公的医療保険の仕組み

 実際に病気やケガをした場合、病院や近くのクリニックに行きますが、治療内容によって全額自己負担で治療を受けなければいけない治療もあります。このケースを「自由診療」と言います。

この場合、料金は各病院、クリニックが任意に決めています。そのため同じ治療でもクリニック等によって金額が違うということがあるのです。

これに対して、公的医療保険に加入していると、クリニック等で治療を受けた場合、自己負担額だけを支払うだけで済みます。医療機関は費用の総額から患者の自己負担額を差し引いた部分について、審査支払機関を通じて保険者に請求します。

つまり、下記の通りです。
●患者は病院、クリニックに医療費総額の3割を支払う(3割の自己負担)
●自己負担以外の7割は、支払基金による審査を経て、個人が加入する保険者(健康保険組合等)が医療機関に支払う 

※医療機関は「レセプト」を作成する

このエントリーをはてなブックマークに追加