記事

レセプトとは?

 レセプト(独:Rezept)という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

私たちは医療機関に行って保険が適用される治療を行った場合、費用合計の3割の金額を自己負担として支払っています。

残りの7割は医療機関がレセプトを作成して保険者(市町村や健康保険組合等)に請求しています。

レセプトとはその時の患者が受けた診療の報酬明細書、薬局における調剤の場合には調剤報酬明細書の事です。

レセプトは、患者の氏名、保険者番号や病名等、診療報酬点数、療養の給付、食事・生活療養などが記載されています。

これを医療機関が被保険者毎に月単位で作成しています。

国民健康保険及び後期高齢者医療制度の被保険者のケースでは、都道府県毎に設立されている国民健康保険団体連合会へ、社会保険の被保険者のケースでは、社会保険診療報酬支払基金へ提出されて、審査後に保険者に送られます。

このエントリーをはてなブックマークに追加