記事

女性のむくみ 病気の場合も?

立ち仕事の方やお酒を飲んだ翌日などむくみが気になる方は少なくないでしょう。冬場、ブーツを履く機会が多くなるとむくみを実感する日も多いと思います。

そんなむくみの原因などいろいろ知っておく必要があるでしょう。

■むくみとは?
むくみとは、体内の組織など血管の外に余分な水分がたまった状態のことをいいます。

静脈がつまったり、リンパ液がスムーズに流れないことで、細胞間液が血管に戻らず細胞と細胞の間に細胞間液、余分な水分(血しょう成分)が溜まってしまうことにより起きる現象です。

■むくみと病気の関係
むくみと関係がある病気が腎臓病です。
腎臓病ではネフロ-ゼ症候群や腎不全、その他、心不全や肝硬変と言った重い病気が見つかる可能性があります。

摂っている水分量に比べ、尿の量が明らかに少ない場合は特に注意が必要です。

腎機能が落ちると、腎臓で余分な水分やナトリウムが排出できなくなり、むくみます。

その他でも肝機能異常も考えられます。肝臓は、日頃食べた物を処理したり、解毒の機能があります。肝臓が悪いと聞くとお酒の飲み過ぎなど暴飲暴食やストレスというイメージがありますがその通りです。

むくみが数週間続くようなら隠れている病気のサインかもしれませんのでそのまま放置せず病院で診てもらった方がいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加