記事

介護の人手不足解消、ロボットにどんな機能が?

 最近、ロボット開発のクオリティーが上がって来ており、研究段階ではなく、実用的に介護や医療の現場で使われ始めている。

 大阪市淀川区の通所介護施設「ヒューマンライフケアよどがわ・よどがわ乃湯」も一例で人型ロボットのパルロ(高さ約40センチ)が「炭坑節」を歌い踊り、お年寄りといっしょに踊る。

 富士ソフト(横浜市中区)が開発したパルロは、「パルロ、歌うたって」と声をかけると体操をしたり、クイズを出したりする。

約100人の顔と名前を覚えることができ、会話を重ねることで、その人の趣味や好みの話題も話すことができるようになる。

 介護の人手不足の解消や、新産業の創出を目指す政府の後押しもあり、様々なメーカーが開発に乗り出している。

このエントリーをはてなブックマークに追加