記事

歯周病が糖尿病を悪化させる?

 糖尿病は現在多くの方が発症して悩んでいるが、そんな方は歯のケアもしっかりと行う必要がある。

歯周病が糖尿病に影響を与える原因は、「歯周病菌」と呼ばれる歯の周囲に付着した細菌です。 歯ぐきには、毛細血管がたくさんあり、歯周病菌は歯石表面に沈着し、歯ぐきに密着します。
すると歯周病菌が出す毒素が歯ぐきの毛細血管から内部に入り込み、これを攻撃するマクロファージから炎症性の物質(TNF-α)が放出され増加します。
TNF-αが増加すると、インシュリンが作られにくくなり、糖尿病が悪化してしまうのです。

さらに糖尿病が悪化すると、歯ぐきにある毛細血管がもろくなるなどの障害が起こり、歯周病が進行しやすい環境になります。

このように、それぞれの悪化がさらなる悪化を起こし、悪循環を引き起こしてしまうのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加