記事

歯周病とは?

 歯周病は現在では大人の約80%が患っているというデータがあり、平均的な歯の磨き方やケアをしていてもいずれ患ってしまう可能性が高い疾患であると言えるでしょう。 それは、ギネスに載るほどで世界で最も多い感染症なのです。 それでは、歯周病とはどのような疾患かということから説明します。 歯周病とは、歯の根元の周囲に付着した細菌により歯茎が炎症を引き起こし、さらには歯を支える骨(歯槽骨)を溶かして歯がぐらぐらになる病気です。 むし歯と違い、痛みが出ないことが多く、ゆっくりと進行することが多いため、特に50歳を過ぎたころからいつのまにか歯がぐらぐらになって、最終的に抜歯になってしまうというケースが少ないくありません。 歯周病にならないように歯周病の予防とすでに患ってしまった場合の歯周病の治療について説明します。 

このエントリーをはてなブックマークに追加